冬の家仕事の定番に。。

家族中が大好きな秋の渋皮煮が終わって
ひと息つくと今度は冬の家仕事。

ここのところ毎年定番は

◎ジュースが苦手な長女の好物、ゆず茶
◎パンに入れるためのゆずピール
◎義母、義姉と毎年2月に作るお味噌

なのですが、
今年は はじめてのことをふたつ。

◎かりんシロップ
◎甘酒

「かりん」といえば
高校生のときがんばっていた新体操部に
「かりんセンパイ」がいて
ものすごく癒し系でほんわかしてて。
私の中では「かりん」はその頃から
良いイメージ´`*
それから、カリン酒にカリンシロップ
ノドにもいいとなると
なんだか美味しそうに聞こえる。

でも、かりんを今の今まで
まじまじと見たことがなかったー!

先日のお出かけのとき
野菜の直売所で見つけたのです。
いい香り、そして、
思いのほか硬い!これにはビックリ。
見た目は洋梨みたいな感じなのにな。

左の小さいのは かりんのみを
ハチミツとお砂糖でつけたもの。
右はかりんとゆずをお砂糖でつけたもの。



そして、ここ数年ストウブの鍋で
ご飯を炊いているので
ほぼ使っていない炊飯器が
久々に活躍した出来事。。

もち米と麹でつくる 甘酒が美味しいのです。

大きめのジャムの瓶に1週間分の甘酒の素。
写真は半分くらいになってます↓
そのままお湯で溶いて飲んだり
白桃の缶詰とミキサーで混ぜるとまた絶品。

それから、ゆずとかりんのシロップを
甘酒に少し入れてお湯で溶いたら
ほーーんとに美味しくて、
これは飲み過ぎ注意。。


覚書き残しときます♩

①もち米 1合 を
    30分浸水させて2合分のお水を入れて 
    おかゆコースで炊く。

②50~60℃まで冷めたら
    パラパラにした麹170gを
    おかゆに混ぜる。

③炊飯器のふたを開け放したまま
    ふきんをかぶせて時おり混ぜながら
    6時間ほどで出来上がり。

出来上がったら色が黄色くなるのと
ものすごーく甘くなるのでわかります。
いつも買う麹が170g入りなのだけど
200gでも大丈夫そうです。
なんとなーく、様子をみながら
秋田のおばあちゃんちを思い出しながら
香りを楽しみながら
週に一度作っています。。

handmade.vivify

毎日手にとりたくなるお洋服。 ハンドメイドビビファイの Creema.minne販売ページ、 ブログ、Instagram、Twitterを まとめたホームページです スマホ画面の方は 左上 「三」 からどうぞ♡

0コメント

  • 1000 / 1000